書類作成


相談無料

オーダーメイド文書作成

急ぎの案件にも出来る限り対応

で事業者様に真に寄り添ったサポートをお約束します!



事業を行う上で、大小さまざまなトラブルは付き物です。

弁護士は主にトラブルの「事後紛争解決」に携わるのに対して、行政書士はトラブルを未然に防ぐ「予防法務」として、個人や企業をサポートします。

具体的には、契約書・内容証明・公正証書・協定書・協議書・念書・合意書・示談書作成などは、すべて行政書士のなし得る仕事です。※紛争性のないものに限ります。

契約書作成

事業者様がさまざまな営業活動をする際に他社と結ぶような契約書のほか、贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇用、請負、委任等、多種多様な契約書を作成することができます。

 

〈契約書の主な種類〉

・業務委託契約書

・雇用契約書

・代理店契約書

・工事請負契約書

 

〈当事務所報酬〉

契約書作成 33,000円(税込)

リーガルチェックのみ 16,500円(税込)

内容証明作成

内容証明とは、「いつ、誰から誰に、どのような文書」が差し出されたかを郵便局が公的に証明するもので、後々のトラブル防止に有効な手段です。但し、行政書士は紛争性のある事案は取り扱いできません。

 

〈内容証明が必要となる主な場面〉

・未払い金の催促

・契約の解除通知

・損害賠償や慰謝料等の請求

・協議の申入れ

 

〈当事務所報酬〉

内容証明作成 22,000円(税込)

行政書士名で直接郵送 +11,000円(配達証明・郵送料・税込)

公正証書作成

公正証書とは、個人や法人からの嘱託により、公証人が公証役場で作成する契約書・合意書などのことを言います。公正証書は執行力を持ちますので、将来の紛争予防に大きな効果があります。

 

〈公正証書の主な種類〉

・金銭消費貸借契約公正証書

・債務弁済契約公正証書

・事業用借地権設定契約公正証書

・委任契約公正証書

 

〈当事務所報酬〉

公正証書作成 44,000円(税込)

代理出頭 +11,000円(税込)

※公証役場手数料別途